関西APS射撃友の会(ASW)発足前夜



関西APS射撃友の会(ASW)発足前夜

 

初めまして。

京都の國友銃砲火薬店さんを中心に活動をしている関西APS射撃友の会のもともとです。

APS非公式サイトのコラムということで、チャレンジャー選手からボールが飛んできましたが・・・・いったい、何を書きましょうかね・・・?

 

関西地区での練習会を始めることになったあたりの与太話でもしてみましょうか。

 

2008年の第18回APSカップ東京本大会、私がAPSカップに参加したのはこの時が初めでです。この時、偶然にもJASGの前田理事長(マルゼン社長)とお話する機会があり、京都の國友銃砲火薬店の社長と懇意であることを伺いました。またその席で「京都で練習会やってみてもいいなぁ。」との発言。それが具体化したのが2009年3月に國友さんで開催されたAPS(非公式)練習会でした。この時会場の國友さんには後に関西APS射撃友の会(以下ASW)を一緒に立ち上げるメンバーが勢ぞろいしてたんですが、この時はまだ知る由もありません(笑)。

 

事が動き始めたのは2009年の第19回APSカップ東京本大会の会場、前田理事長に京都での練習会開催のお礼と来年の再度の開催のお願いをしました。その際、前田理事長から「君たちで練習会をやってみるかい?やる気があるのなら会場の國友さんを紹介してあげるよ。、当面は機材面もマルゼンからの貸与等のサポートは可能だ。」とのお話をいただきました。

こんないい話をいただいて躊躇してる場合じゃないですよね(笑)。

その足で本大会会場の控えスペースに走り関西遠征組と思われる数名の方々に声をかけて回りました。そして詳細は8月下旬に大阪府立体育会館で開催される「APS講習会・エアースポーツガン体験会」の会場で相談することとなりました。

大阪APS講習会の会場で、マルゼン側は前田専務、鈴木さん。こちら側は私・アオちゃん・教官・モーリーさん・オリックスさんの5人で基本的な方向性を話合いを実施。この時がASW設立メンバー5人の実質的な初顔合わせでしたね。

 

9月、紹介いただいた國友さんへ教官と二人で会場使用の条件等の打ち合わせに伺いました。その時たまたま我々が使用させていただいている4階のDP射撃場では全学連のDP講習会が行われており、北京オリンピックAP日本代表の福嶋選手とお会いしたのを覚えています。

その後、使用条件等が固まってきた段階で、大阪難波の個室居酒屋に5人で集まって「

最終打ち合わせ」と称して、練習会の運営のことだけでなく各々のAPSに対する想い等々いろいろと語り合いましたね~。楽しかったなぁ~。この席でASWの初回の練習会を10月下旬に開催することを決定しました。

そしていよいよ2009年10月24日、第一回ASW練習会を開催しました。この日はみんな舞い上がってましたね~。練習会を開催できた嬉しさからか午前中にライフル競技を2回、午後からハンドガン競技を2回やってみんなフラフラになって撃ってましたよ(笑)。

でも、今から思えばみんなむAPSを撃つ機会に飢えてたんですね。

みんなで協力して立ち上げた練習会が無事開催出来た時の嬉しさはひとしおでしたね。

ただ走り出した以上、練習会に中途半端を止めてしまうと協力いただいた前田理事長はじめマルゼンさん、会場を提供いただく國友銃砲火薬店さんの期待を裏切ることにもなり、いかに継続して行くかについてある種の責任を感じたのは事実ですね。

あれから4年半・・・・

参加される皆さんの協力もあり、お陰様でASW練習会は無事走り続けております(笑)。

 

取り留めのない事書いちゃいましたね。そろそろまとめ的な話に入りますが・・・・。

APSシューターの皆さん、特に関東圏以外の皆さん、皆さんの地元でもAPSの練習会を立ち上げてみませんか?

各地域地域によって条件は違うと思いますが、実現可能性は充分にあると思います。

まず、仲間を募りましょう。一人では実現が難しいことでも皆で力を合わせれば可能になるかもしれません。

また、JASGさんも何がしか協力・サポートしてくれることと思います。

APSという楽しく厳しく奥の深い競技の裾野を広げていくためにも、全国のAPSシューターの皆さんの奮起をお願いして、このコラムを締めくくりたいと思います。

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>